FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化石賞

2016.05.14.23:24

2015年6月 ドイツのボンにて、国連気候変動交渉会議が開催されました。会期中の4日、会議場内で、日本政府が3つの「本日の化石賞(Fossil of the Day Award)」を受賞しました。今回は、3つの化石賞をすべて日本が単独受賞した、珍しいケースとなりました。

受賞理由は次の3つです。

日本の排出削減目標の政府原案は「2013年比で2030年までに26%削減(1990年比で同18%削減)」と極めて低い
G7サミットに向けて、気温上昇2℃未満のために国際的な開発援助銀行の投資基準をつくる提案があったが、G7で唯一日本が強く反対し、これが削られた
世界が脱石炭を進める中、日本は途上国における石炭火力発電所事業に対して資金支援をし続けている

化石賞とは、

地球温暖化対策に前向きな取り組みを見せない国に対して、NGOがバッドジョークとして与える不名誉な賞。1999年のCOP5(ドイツ・ボン)において初められ、以来、恒例のセレモニーとして、継続的に実施されている。気候変動問題に取り組んでいる世界のNGOのネットワークであるCAN(気候変動アクション・ネットワーク)が、会議の会期中、各国の交渉に臨む姿勢を毎日評価し、地球温暖化防止交渉にマイナスな発言をした国など「本日の化石賞」に選定し、公表している。
「化石」とは化石燃料を指すとともに、化石のような古い考え方との揶揄も入っている。過去の代表的な受賞国は、オーストラリア、ロシア、カナダ、サウジアラビア、日本。日本は、COP5で初受賞して以来、何度か受賞している。2005年のCOP/MOP1では、森林吸収量と2013年以降の取り組みの議論に関して受賞した。





石炭火力発電所と原発と電力自由化本当のシナリオは?



日本国内でも続々と石炭火力発電所の建設計画が増えていますが、日本が東南アジアやアフリカなどの発展途上国における石炭関連設備の建設に多額の融資をしています。日本は、OECD加盟国の中で最大(2007年から2014年の8年間で約2兆円)の石炭支援国なんと‼️

日本は、どこを向いているのでしょうか⁉️



スポンサーサイト

世界53位

2016.05.11.23:03

世界53位

世界の温暖化対策ランキング2014年



なんと! 2015年は、58位まで下がりました。

下から4番目 ちなみに お隣中国は、47位

先進国と言われる日本なぜ?

その一つに、石炭火力発電所この20年で3.5倍 100カ所程度あり、

新たに建設計画されている数が、なんと47カ所

これでは、CO2は、減りません。

世界が、温暖化で、2℃上昇するリスク 考えて見て下さい。

今 手を打たなければ、間に合いません。

出来ることから始めませんか!

次回は、日本 化石賞 独占受賞のお話

プロフィール

3児のパパ

Author:3児のパパ
女子10歳、12歳 21歳と奥様 21歳の子の旦那
結と小太郎の2匹のワンちゃんと6人と2匹で毎日
うるさくくらしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。